■多文化共生を考える焼津市民の会「いちご」■

↓Select Language / Selecione o idioma / Seleccione el idioma / Piliin ang Wika

◆放課後ひろば◆

Facebookページにて情報発信中

 

【開催日時・会場】

 土曜日:利右衛門コミュニティー防災センター

     焼津市利右衛門2559-2

  時間:10:00~12:00

 参加費:無料

【今後の開催予定】

 5月 11、18、25日

 6月 6、15、22、29日




◆なつやすみ・しゅくだいひろば◆

7月28日(日) 10:00~16:00 大井川公民館(焼津市宗高900)

詳細が決まり次第、ご連絡していきます。

写真は2017年の「なつやすみ・しゅくだいひろば」の様子。

(2018年夏は、台風の影響で中止となっています)


◆静岡県国際交流協会 30周年記念事業◆


当団体が「30周年記念賞」を受賞しました。 

 

これまで関わってくださったみなさん、そして子供たちに感謝いたします。

 

画像をクリックするとSIRホームページが開きます。



◆ランドセルをお預かりします◆

たくさん思い出のつまったランドセル(とくにお母さん)。捨てられないけど、だれかが大切に使ってくれるなら・・・。

 

私たちが必要とする子にお渡しします。

高学年で来日する子もいるので、ちょっとくらい古くても大丈夫です。

 

お手数ですが、「いちご」の活動場所までお持ちください。

 

 


◆2018年「焼津市で日本語を勉強している子どもへのアンケート 」◆

目的:焼津市に住む、外国にルーツを持つ子どもたちの日本語教育に関する実態を知り、日本語教育の改善提案をする。

対象者:焼津市に住む、外国にルーツを持つ6歳~15歳)の子どもたち。

実施期間:2018年5月7日~27日

アンケート回答者:49名

ダウンロード
アンケート集計結果
180602_いちご_焼津市子どもの日本語学習アンケート単純集計.pdf
PDFファイル 384.0 KB


◆問合せ◆

メモ: * は入力必須項目です

◆会について◆

【会の目的】

焼津市と近隣に暮らす、外国籍および外国にルーツを持つ人々と交流を図り、お互いに暮らしやすい街にしていくことを目的とした会です。

 

【活動の種類】

(1)外国にルーツを持つ子供たちの学習支援

(2)外国から来た人々が暮らしやすい地域づくり

(3)災害時に、外国から来た人々が混乱なく、安全に避難できる体制づくり

 

【代表】 谷澤勉

【設立】 2014年10月

【会員数】 17名(準会員含む)

【協力】

 静岡県立大学国際関係学部 高畑研究室

 焼津市利右衛門自治会

【共催】 焼津市 市民部 市民協働課

【支援】

 静岡県共同募金会・共同募金助成金



◆支援のお願い◆

【資金面でのご寄付】

子供たちの学習教材、講師やボランティアの交通費など、活動を継続するための資金が不足しています。

子供たちの未来と、地域の発展のため、ご協力をいただけるようお願い致します。

 

◎ゆうちょ銀行から振り込んで頂く場合

 振込先:ゆうちょ銀行

 口座名:多文化共生を考える焼津市民の会いちご

 口座番号:12360-55950951

 

◎ゆうちょ銀行以外から振り込んで頂く場合

 店名:二三八(ニサンハチ)

 店番:238

 預金種目:普通預金

 口座番号:5595095

 

【物資面でのご寄付】

以下のような物資をいただけると助かります。メールフォームから連絡・お問合せ下さい。

 ◎絵本(タガログ語、ポルトガル語、スペイン語、中国語、英語)

 ◎ランドセル、書道・絵画・裁縫セットなど(清掃済みのもの、一部欠品は可)

 ◎ピアニカ(清掃済みのもの、ホースは交換をお願いします。※300円程度)

 ◎辞書(国語辞典、英和・和英辞典)

 ◎ノート、鉛筆、文具など(新品またはそれに近いもの)