報道(いちご)

第9回しゅくだいひろば

 SBSテレビ 7月30日 午後・夕方地方ニュース

 静岡新聞朝刊 8月1日 「外国籍児童の夏の宿題支援」

 静岡新聞夕刊 8月10日 「焼津市 外国籍子供急増」



第8回しゅくだいひろば

 毎日新聞朝刊・県内版 2017年4月3日

 「日本語上達の一助に 外国人の子ども、学校の宿題支援 焼津市民の会」

  https://mainichi.jp/articles/20170403/ddl/k22/040/024000c

 SBSテレビ・イブアイしずおか 2017年4月10日

  「増える外国籍児童・生徒 学びを支える 【市民が先生 しゅくだいひろば】」

第7回しゅくだいひろば

 中日新聞朝刊・中部欄 2016年12月26日 「高校生らが宿題を応援」 

第6回しゅくだいひろば

 静岡新聞朝刊・中部欄 2016年7月30日 「外国人小中学生に住民が学習支援」多文化共生目指す

第5回しゅくだいひろば

 NHK地方ニュース 2016年3月27日(昼・夜)

 静岡新聞朝刊・中部欄 2016年3月29日 「外国人児童に学習支援」

 毎日新聞朝刊・県内欄 2016年3月28日 「しゅくだいひろば 日本語学習手助け」

第4回しゅくだいひろば

 NHK地方ニュース 2015年12月27日(夜)、28日(朝)

 静岡新聞朝刊・中部欄 2015年12月27日 「焼津・市民の会 外国人に宿題教室」

第3回しゅくだいひろば

 静岡新聞朝刊・中部欄 2015年7月25日 「外国人小中学生夏休み宿題 市民レベルで支援」

第2回しゅくだいひろば

 中日新聞夕刊・県内欄 2015年5月9日 「フィリピン人共生の輪 焼津市民ら教育支援」

 静岡新聞朝刊・中部欄 2015年3月25日 「フィリピン人児童の学習支援 県立大生ら丁寧に指導」

第1回しゅくだいひろば

 静岡新聞朝刊・中部欄 2014年12月29日 「外国人の子ども 学習支援」

その他

 毎日新聞日曜版・県内欄 2016年1月24日 ひと・しずおか「外国人の子に『宿題広場』」

 静岡新聞朝刊・中部欄 2015年1月9日 「このひと」

 

※記事内容を詳しくお知りになりたい場合は、メールフォームより連絡いただけるようお願いします。


関連資料

H28年6月28日文部科学省発表

 

左の画像をクリックすると文部科学省の該当ページが開きます。

 

  外国人児童生徒の増加や、保護者の国際結婚などによる日本国籍の児童生徒の増加等により、公立学校に在籍する日本語指導が必要な児童生徒数は3万人を超え、その数は増加傾向にあり、小・中・高校における外国人児童生徒等の受入体制の整備や日本語指導・教科指導、生活指導等の充実を図ることが急務となっている。

 また、外国人児童生徒等が進学・就職して経済・社会的に自立を目指すケースが増えている状況を踏まえ、外国人児童生徒等教育が我が国の経済・社会に与える積極的意義・効果について、広く発信することが求められている。

 このため、平成27(2015)年11月に「学校における外国人児童生徒等に対する教育支援に関する有識者会議」を立ち上げ、外国人児童生徒等教育に関する有識者、地方公共団体、大学、NPO等様々な関係機関の協力を得て、教育支援の在り方について、現場で教育実践に取り組む関係者からのヒアリングを行うとともに、議論を重ねてきた。
 以上を踏まえ、このたび、本有識者会議では、国、地方公共団体、学校、その他の関係者が今後取り組むべき施策の基本的かつ具体的な方向性について、とりまとめ、提言を行うものである。


中日新聞2016年6月6日朝刊

「外国人の子どもの日本語教育 現状探る」

※画像をクリックするとリンクが開きます。

 

静岡大の矢崎満夫准教授(多文化共生教育)は四年前、県教委と学校での初期指導用カリキュラムの冊子をまとめた。初めは学校生活に必要な日本語表現を同級生と別に学んだ後で、徐々に学級の中に入っていくことを目指す内容だ。矢崎准教授は「取り組みのかぎは学校側にある。民間にはできない、子どもが多数の中に入っていける環境づくりを進めてほしい」と話す。民間と行政の連携や、双方をつなぐコーディネーターの必要性も指摘している。


自民党の外国人労働者受入方針が公表されました

 

左の画像をクリックすると、自民党HPに飛びます。


YAHOOニュース

「日本語がわからない子ども、

     全国に37,000人」

田中宝紀さんの記事です。

(画像をクリックで記事に飛びます)

 

『なんとなく学校生活についていけるようになった時点で、「日本語指導はいらない。そのうち話せるようになるだろう」とデータから外される可能性すらあり、37,000人を大きく超えて、日本語教育機会を必要とする子どもたちが存在しているのではないかとみられています。』


2016年3月27日(日)NHKおはよう日本
「日本語教室の危機 外国人の子どもは」

※画像をクリックするとNHKホームページが開き、番組詳細を読むことができます。


「長期滞在で日本へ 国内就職難 海外出稼ぎ奨励」 毎日新聞県内欄 2016年2月9日

「日比のはざまで 在日フィリピン人の教育現場 上・中・下」 毎日新聞県内版 2016年2月9~11日

「外国人の教育環境改善急げ」 義務教育の対象外/受け入れ策と矛盾 中日新聞 2015年7月29日

「日本での生活に道筋を」 中日新聞2015年7月12日

「私はダブル 誇り」(県立大学でのフィリピン研究会全国フォーラム) 中日新聞県内欄 2015年7月6日

「10代後半 日本語習得に壁」 静岡新聞夕刊 2015年6月18日

※記事内容を詳しくお知りになりたい場合は、メールフォームより連絡いただけるようお願いします。